menu
ひなたそなたのLINEスタンプが出来たよ!詳細はこちらから

『安心毛布』がボロボロになってきた。どうしよう?

早速ですが、皆さん『安心毛布』ってご存じですか?

安心毛布とは?

人が物に執着している状態を指す。一般でいう「お気に入り」や「愛着」がこれに当たる。漫画『ピーナッツ』に登場するライナス・ヴァン・ペルトがいつも肌身離さず毛布を持っていることにより「ライナスの毛布」とも呼ばれる。幼児は何かに執着することで安心感を得ている。成長するにつれ、幼児の時に執着していたものから離れていくが、大人になってからでも新たに執着することがある。子供がよく人形や玩具を離さずに持ち続ける様を「安心毛布」であると言える。

Wikipedia『安心毛布』より引用

安心毛布は
僕の宝物なの

いわゆる、赤ちゃんや幼児が「安心毛布」なるものを持っていると心が休まるものです。

物は何でもよくて、タオルだったり、ぬいぐるみだったり、人それぞれ違うんですね。

うちのチョーナンの場合はこのガーゼケットです。

もうクッタクタで色も褪せていますが、チョーナンにとってはめちゃくちゃ安心する存在なんです。

これは0歳児からおくるみとして使っていたものがチョーナンにとっての「安心毛布」になっています。

もうそれがないと寝られないんですよ~。

寝ている最中も寝返りうって離れてしまっても、このガーゼケットだけは離さない(*’▽’)

名付けて「ねんちゃん

寝る時はねんちゃんを口元においてムニュムニュ口を動かしてガーゼケットの感触と匂いを確かめて安心しながら寝ています。

ムニュムニュしている時のお口がおっぱいを飲むときのような仕草でめちゃくちゃかわいいんです!

保育園行くときも、

チョーナン

ねんちゃん行ってくるね

と玄関に置き、保育園から帰ってきたら、

チョーナン

ねんちゃんただいま~

という位ねんちゃんが大好き。

そんな大好きなねんちゃんが最近どんどんボロボロになってきた、、、、。

ハハ

さぁて、どうしよう。

チョーナンの精神安定剤であるねんちゃん。

これはなかなかの緊急事態です。

なのでハハは3つの選択肢を考えてみました。

Contents

選択肢①これを機に「安心毛布」を卒業させるか?

それはチョーナンの精神が崩壊しそうなので、これはしないことにしました。

たぶんハハの次に大好きかと思われる(チチはどうした!?w)存在なので、それを無理矢理卒業させる酷な選択はしないほうが良いだろうと直観的に感じる。

たぶんハハがチョーナンのわめき声を聞いてゲッソリしそうだからである(*_*;

選択肢②第2の「安心毛布」候補を探すか?

これは何回か試してみたことがあります。

あるんですけど失敗に終わっています。

同じメーカーのガーゼケットを与えて、洗い替えの時に使ってもらおうという試みでしたが、本家のねんちゃんの使い古されたクッタクタの柔らかい触感には敵わないようなので、第2のねんちゃん候補はタンスの中にスタンバイしているのですが未だ活躍せずにお蔵入りになったままなのです。

やはり共に歩んできた歴史が彼の心を掴んで離さない( ;∀;)

選択肢③このままボロボロになるまで使わせるか?

たぶんこれが一番現実味を帯びてきました。

ボロボロになってもそのボロボロ具合がきっといいんでしょうね。

思う存分チョーナンにはねんちゃんを味わってもらい、安心してもらおうということです!

もっとボロボロになって最終的にタオルがハンカチ位の大きさになるまでねんちゃんには頑張ってもらうしかないかな(笑)

なので今のところは無理にやめさせることはせず、見守ることにしました。

保育園ではどうしているのか?

保育園に入って一番心配な事は、ねんちゃんが無くてもお昼寝や園での生活が出来るのか!?でした。

チョーナンは2歳から保育園に通っていますが、とても心配だったので入園前の面談時に保育園の先生に相談してみました。

とりあえず園ではねんちゃんは使用せず様子を見て、もしダメだったら考えましょうという事に。

その後保育園生活が始まりましたが、特に支障はなくねんちゃんがなくても大丈夫なようでした。

その理由はすぐわかりました。

保育園に持っていっているお昼寝用のバスタオルを「ねんちゃん」の代わりの存在にしていたのですw

保育園から洗い替えの為に持ち帰る際に、チョーナンは保育園のバスタオルでも顔をうずめてスリスリしてましたw

そこの切り替えは出来ているみたいです(笑)

「安心毛布」があるメリットとデメリット

メリット

  • 車の中で寂しくなっても握りしめて顔にスリスリしておけば大丈夫
  • 病院での待ち時間などにぐずった時には大活躍
  • 寝る時に顔スリスリしておけば入眠儀式になる
  • 夜泣きした時にかけてあげれば収まることが多い
  • 寒い時にマフラー代わりになる

デメリット

  • 忘れて外出した時にはグズリが一層ひどくなる
  • 風邪ひいたときには、鼻水などが付き不衛生になる為、小まめに洗濯しなくてはならない
  • 洗濯するタイミングを間違うと、機嫌が悪くなる

特にデメリットはハハが大変になる位なので、このまま自然に離れるまで様子を見たいと思います。

まとめ

実はハハにも小さい頃「安心毛布」と呼べるものが存在していたらしいのです。

それはタオルではなく、私の場合はお人形さん。

しかしヨダレだらけで汚いので捨てられてしまったようですね( ;∀;)

人形を捨てられて寂しいという記憶は残っていないのだが、ハハはそのお人形さんを何となくだが覚えているんですよ。

その遺伝子が我が息子にも影響したのだろうか?

それともハハは寂しい思いをさせているのかな?

そうじゃない事を願うけど、ねんちゃんが彼の心を癒してくれるならこれからもお世話になります!

なので彼には思う存分ねんちゃんが命尽きるまで一緒に過ごしてもらおうと思っているハハです。

皆さんには「安心毛布」という存在がありますか?

チョーナンが手放せない「安心毛布」

このモスリンコットンは丈夫で洗濯機で洗える素材なので、お洗濯の多いベビー用品には最適です。

4年間ジャブジャブ洗っていました!

洗うたびに柔らかくなり、肌ざわりが良いという特性があります。 

この肌触りは何ともいえずフカフカで、チョーナンの『安心毛布』になるのはとても頷けます。

他にもベビースタイなど色々なベビー用品があります。

大人も使いたいくらいカワイイのでおすすめです。

実はジナンにも「安心毛布」があった

¥2,200 (2021/04/14 10:33時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ジナンの「安心毛布」はオーガニックコットンの枕。

プリスティンのオーガニックコットンは肌さわりがとても柔らかく幸せな気持ちになる素材です。

ジナンは夜寝る時だけ枕の肌さわりを確かめて安心しているようだが、ハハはこれも洗い替え用にもう一つ用意しています。

この枕は赤ちゃんの時にジナンが一定方向ばかり見て頭の形が歪んでしまった為急遽購入したものだが、今は「安心毛布」という存在で活躍してくれています!

プリスティンのオーガニックコットン製品は他にも色々あるので赤ちゃんや大人でも安心して使えます。

楽しかったらバナーをポチっとしてね♪

育児に役立つ品やハハの愛用品を掲載しています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ひなたそなたブログにようこそ!
ただいま日々年子男児育児中のハハです。
笑いあり!涙あり!腰いたい!眠りたい!
そんな家族の日常話や育児4コマ漫画、育児にお役に立つ情報を発信していますので是非ご覧ください(^o^)/

気軽にコメントしてくださいね(^o^)/

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる